初心者でもわかる!施設内医療と在宅医療の違い

  訪問看護師として転職を考えた?

看護師アンケート

施設内医療というのは、病院や診療所での医療の事を指し、在宅医療というのは、患者が自宅に居る状態での医療のことを指します。
もちろん、この2つではサービス内容や医療内容が大きく異なってきます。この2つについて詳しく紹介していきます。

■施設内医療の特徴
施設内医療では、看護体制や医療器具、人員や衛生材料まで、何もかもが整っています。ナースコールを押せば看護師がすぐに駆けつけてくれるような状態で、特殊な介護が必要な場合でも専門の介護師がいてくれて、対応してくれます。
また、費用に関しても、多様な項目に分かれていて、利用者視点から見ると、正直何にどれくらいの金額が掛かっているのか、分からないことの方が多いでしょう。
そして、人間関係に関しても、利用者と主治医、同じ職場の仲間などに気を使って仕事をしなければならないというプレッシャーもあります。
しかし、施設内医療では看護師一人ひとりの負担は少なく、できることも限られてしまいます。

■在宅医療の特徴
在宅医療では、訪問看護師が主治看護師となって、利用者のケアにあたります。そのため、幅広い知識と、利用者と利用者の家族との間に入り込むコミュニケーション能力が問われます。
また、施設内医療では利用者のほうから施設に向かいますが、在宅医療の場合は訪問看護師が利用者の自宅に向かうということになるので、サービスなどを重点的に見られる立場になってしまいます。
そして、施設内医療では、看護技術だけを提供すれば問題ありませんが、在宅医療の場合は、各種サービスのマネージメントや、判断力に決断力など、多くの能力が求められるようになります。
医療制度や補助金に関しても、数年単位でコロコロと入れ替わるので、その度に、最高のサービスを利用者に提供するのが、訪問看護師の仕事になります。