病院看護師が知らない訪問看護師として働くメリット

  訪問看護師として転職を考えた?

看護師アンケート

訪問看護師には、病院看護師では得ることができなかったメリットというものがあります。色々とありますが、ほとんどは「自分の判断で行動できる」というポイントです。
訪問看護では、訪問看護師が主治看護師なのです。医師も同行しませんので、利用者の状況を一番分かっているのが、訪問看護師になります。
その他にも、「余計なことに気を使わなくていい」というのもあります。病院で勤務していると、医師や他の看護師との人間関係などに気を使わなければいけませんが、医療従事者が一番気を使うのは、患者の容態ではないでしょうか?訪問看護では、利用者一人ひとりと長く接する時間があるので、「人を見る」ということができるようになります。
看護の本質は相手により良い生活を行ってもらうという面にあります。訪問看護では、利用者一人ひとりの生活と、利用者の家族のケアもできるので、利用者の家族ごと総合的にケアをしていると感じることができます。
また、看護技術以外にも成長できる点が多いのが訪問看護です。訪問看護では、看護の処置だけでなく、各種サービスのマネージメントや、調整が必要になってくるので、判断力や決断力、コミュニケーション能力が、問われる仕事になっています。そのため、総合的な力が身につくことになるので、自己の向上に大きく効果があります。
最後に、訪問看護師と病院看護師のスキルを比べると、明らかに訪問看護師の方が上です。それは常に利用者のことを考えて、回りの同僚も常にスキルアップを行っているので、自分も発奮されて、「スキルを磨かなければ」というような状況にされるのが、ポイントです。周りに優秀なスタッフも多いので、その場に居るだけでも、スキルが磨かれることになります。